トイレの水漏れトラブルは修理を行う

トイレの水漏れトラブルは修理を行う トイレは、誰もが利用する大切な場所なので、水漏れのトラブルがある事は非常に迷惑な話です。しかし、長い年月利用しているとどうしてもトラブルが発生してしまうものです。トラブルの中にはトイレの交換をしなければいけない場合があります。素人では解決できないようなトラブルもあるため、業者に依頼することが1番早い解決になります。24時間対応している業者もあるので、トラブルを見つけたときにはすぐに相談することができます。また、マイホームの築年数と関係なく交換をしなければいけないこともあります。水漏れというのはどのマイホームでも発生してしまう可能性のあるトラブルです。最近は、ウォシュレットタイプのトイレもだいぶ普及しているためトラブルの発生する可能性も高くなっています。

■水洗の洋式  

水洗の洋式トイレになると、普段から水を利用することになるので、水のトラブルが発生する可能性が汲み取り式トイレと比べると当然高くなってしまいます。しかし、清潔に、快適に利用できるメリットがあるため、多くのマイホームでは、水洗の洋式を採用することが当たり前の時代です。そのため水のトラブルには注意しないといけません。水道管や排水管から水が漏れている場合には、自分でも確認することができますが、床下の場所にある。水道管や排水管の場合には、気がつかないことが多いです。状況によっては大掛かりな工事をしなければいけないケースに発展することもあります。床に敷物を敷いている場合には、それが水を吸収することもあるので、定期的に確認したいものです。

■水が漏れる箇所  
水が漏れる箇所は、トイレのタイプにより異なるものです。水洗でも和式タイプであると床が濡れてしまうこともありますが、洋式タイプになるとこのような状況にならないものです。そのため、床が濡れていることで、水漏れに気づくことがあります。水が漏れている箇所によっては、交換が必要な場合があります。給水管や排水管であれば、その箇所を交換することや、修理することで対応できます。しかし、トイレの便器が破損しているなどの状況により、水漏れが起こっている場合には修理ではなくトイレの交換が必要なケースとなります。応急処置で破損箇所を防ぐこともできますが、完璧な対応ではないので適切な処置として便器を交換することになります。

■早めの連絡が大切  

トイレの床が濡れている場合、使用によって濡れているのでない限り、水が漏れているトラブルに該当します。あまり気にしない人もいますが、早めに対応することで深刻な被害に発展しないようにすることができます。特に便器から水が漏れるといった状況は放置しておくと破損箇所が拡大してしまい、大きな被害となります。状況によっては交換を行う工事も必要となります。また、長年使用している場合でも、劣化によってこのような状況になってしまうことがあります。マイホームの寿命とは異なるため、普段と違うと感じたときには、業者に依頼をして早めに対応してもらうことが必要です。水で床が濡れている場合には、床が腐るなどトラブルが拡大してしまいます。

■まとめ  
トイレの水漏れトラブルでは、早めに業者に連絡することが1番早い解決方法になります。水が漏れる場所によっては大きな工事をしなければいけないこともあります。普段と違う異変に気がついたら業者に早めに相談することで、被害を最小限に抑えることができます。また、長年利用していると便器の破損も原因になっていきます。この場合には、交換することも検討しましょう。24時間対応している業者なら早めの対応が期待できます。被害が拡大してしまう前に連絡することがとても重要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース